電磁番AZ

テレワークストレスと5G時代に対応した電磁波対策防御グッズ

あなたは周囲の劣悪な電磁波環境が気になりませんか?

マイクロ波攻撃防御マイクロ波攻撃防御
マイクロ波攻撃防御

電磁番AZ安全安心のメイド・イン・ジャパンにこだわった有害電磁波中和装置[電磁番AZ]のご案内

なぜか決まった時間に耳鳴りや頭痛がする! 口の中がなぜか金属の味がする! それは電磁波過敏かも知れません!

中和装置[電磁番AZ]は、最強の電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品として開発されました!

ベストな防御対策は[電磁番AZ]を傍に置くだけ、壁に貼るだけ、身に付けるだけ!
[電磁番AZ]は、強力な有害電磁波中和防御機能と体に蓄積した電磁波を抜く特殊な人体アーシング機能を備えています!

「中和装置電磁番AZ」を音声で紹介:

マイクロ波攻撃防御


電磁波過敏の症状

タブレット端末の「電磁波」危険性訴え 学校のデジタル化を批判 「産経新聞」2024/1/27
日本教職員組合(日教組)が開催している教育研究全国集会(教研集会)の保健・体育分科会で、小中学生に1人1台配られたタブレット端末などが発する電磁波の危険性を訴えるリポートが発表された。・・・

電磁波被曝や電磁波攻撃対策はどうすればいいの?
増え続ける電磁波過敏の症状対策とは?
気付かずに被曝してしまう有害電磁波環境や執拗な電磁波攻撃・嫌がらせの苦痛から開放される自衛グッズ[電磁番AZ]が、ここにあります!!
[電磁番AZ]は電磁波被曝から健康を守るための最強の自衛アイテムです!

電磁波の悪影響が持続的に続くと、身体の健康を維持する働きを調節する自律神経が不安定になってしまうことがあります。
自律神経が乱されると、いろいろな不快感や症状が現れてきます。
電磁波ノイズを浴び続けると体内に毒性の強い活性酸素が発生し、細胞組織を傷つけてしまいます。


電磁波攻撃対策

電磁番AZ新製品詳細
[製品番号]denjiban-1301[日本製品]

★5G時代対応の電磁波攻撃中和装置
[電磁番AZ]をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。実際のストア評価のお客様の声を参照ください)★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも[電磁番AZ]は対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。詳細な取り扱い説明書を添付しております。
マニュアルの詳細は「電磁波攻撃中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。

「でんじ・ばん」は、電磁波過敏対策を主目的とする環境改善器具として、準静電界レベルの干渉対策製品として開発されたものです

電磁波攻撃防御
高圧送電線対策に
電磁波防御グッズ
スマホ・PC対策に
電磁波攻撃
車両電磁波対策に
電磁波カット
電磁波攻撃対策に

そもそも目に見えない電磁波の何が問題なの?電磁波が危険とは一体どういうことなの?!

電磁波攻撃 電磁波による人体への悪影響についてはまだ電磁波被害が立証されていないということから、電力や携帯電話業界はこういった研究成果に対し、これまで一貫して無害だと唱えつづけています。

世界保健機関(WHO)と米食品医薬品局(FDA)なども、電磁波や携帯電話が有害だと判断する証拠はないとの中立的立場にあるのですが、同時に携帯電話の電磁波(放射線)にまったく危険性がないという明確な根拠もないとしているようです。

ここらは双方がそれぞれの相反する立場から主張しているわけですが、電磁波無害論側の背後には既得権益を持つ錚錚たる巨大産業が控えているわけですから当分政治的にもはっきりした決着は付かないはずです。

消費者や利用者はこうした背景を独自に見極め対処していく賢さが必要なのではないでしょうか? 当然ながらここでも電磁波が有害か無害か判断する上で必要な情報を掴んでいるかどうかで、その対応のスタンスは大きく変わってきます。


日本では一般にはほとんど知られてはいないのですが、電磁波の危険性について社会的に注目されだしたのは20世紀後半、1979年にアメリカ、コロラド大学の先駆的な疫学者のナンシー・ワルトハイマー博士が「アメリカ疫学ジャーナル」誌に発表した研究論文がその発端でした。

この報告の中でワルトハイマー博士は、1950年から1973年にかけ地道な追跡調査の結果、デンバーの変電所の付近でガンにかかり死亡した344人の子供達の出生地と発症時期に関する資料を入手し,その比較対象として同じかもしくは近い年齢の子供たちを同数選び出し調査しました。その結果、前者は後者の小児ガンの発生率が2.25倍、小児白血病が2.98倍になっていることを突き止めました。さらに、変電所からの高圧送電線に隣接した住居の子供では、6人全員が小児ガンで死亡しているとも報告されています。


1992年の秋、スウェーデンで国家レベルの二つの大きなプロジェクトとして、対象者53万人、25年間にも及ぶが疫学的調査の結果が公表されました。

ノーベル賞選考機関として知られるカロリンスカ環境医学研究所が行った子供の疫学的居住環境調査の結果、平均して1ミリガウス以上の高圧線磁場にさらされている家に住んでいる子供達は1ミリガウス以下の磁場にさらされている場合より、2倍も白血病にかかるリスクが高いことがわかりました。

さらに2ミリガウス以上さらされている子供達では、それより少ない子供達の約3倍、3ミリガウスの子供達では約4倍になるという結果でした。この調査結果から磁場の強さと子供の白血病との間には相関関係があることがわかったのです。

またこのとき同時に実施されたもう一つのスウェーデン国立職業安全衛生研究所が行った職場調査では、平均2.9ミリガウス以上の磁場にさらされている人は平均1.6ミリガウス以下の場合に比べて3倍も急性リンパ性白血病に掛かりやすく、被曝が4.1ミリガウス以上の場合は4倍ものガンのリスクが高いことが報告されました。

結果的には二つの調査とも、磁場が強いほどガン発症率が高くなるという因果関係が示されたのです。


1994年3月米国の医学誌に電力周波数の危険に関するカナダ・フランスの電力設備労働者22万3千人以上を対象とした疫学的調査に関する研究論文が発表されました。平均累加量以上の電力周波数の磁場にさらされている労働者達は、磁場がそれ以下である場合に比較して3倍も急性脊髄性白血病にかかりやすいことが報告されました。


1995年6月、米国政府の環境保護庁から電磁波による健康への危害についての検討を委託された全国放射線防護委員会(NCRP)の11人のメンバーは、アメリカ国民が電力線の磁場被曝量を減らすことができるよう、強固たる対策が必要との暫定報告をまとめました。この報告では「アメリカとヨーロッパで行われた疫学調査により、電力の送電システムから放出される約2ミリガウスの磁場にさらされることと、小児ガンとの間に因果関係がみられた」と言及しています。


電磁波攻撃 ノーベル医学賞に2度ノミネートされた元ニューヨーク州立大学教授、ロバート.ベッカー博士は、 細胞分裂がさかんな成長中の細胞が電磁波を被曝すると、 その遺伝子の鎖構造の分裂、 再結合(DNA転写)のたびに、遺伝子障害のリスクを負うことになると指摘しています。(「クロス・カレント―電磁波・複合被曝の恐怖」Robert O. Becker著)

それを裏付けるように、電気毛布を愛用していた妊婦の異常出産は6倍になる(マサチューセッツ工科大学の調査報告)とか、妊娠初期(3ヶ月)に電気毛布を使用した母親から生まれた子供は先天異常児が10倍になるなどという研究報告があります。


最近の米国の調査では、市民の健康リスク意識レベルは、1位が「エイズ」、それに続いてこの「電磁波汚染」が第2位に上げられています。 欧米では常にしっかりした危機管理とインテリジェンス(英:Intelligence)情報が選択されることが多いといえます。

すでに米国最大の消費者団体である「コンシューマー・ユニオン」は、これらの情報を踏まえて妊婦や子供は電気毛布の使用をできるだけ避けるように警告を出しているほどです。

こうした電磁波関連の有害説情報のすべては利害関係が関わる問題であり、いわゆる不都合な真実と云うことになるわけですから、よほどインテリジェンスに注意していないと見落としてしまうことになります。

すでに米国上院公聴会において、日本国内では絶対に出てこない携帯電話による電磁波被曝についての医科学者による驚くべき証言がなされています。

携帯電話の使用に関する研究に携わった医科学者は、ケータイ放射線は人体の健康への潜在的影響だけでなく、携帯電話の使用によってDNAの二本鎖切断が発生し脳腫瘍や唾液腺腫瘍などが起こる危険性について明確に証言しています。


画面下の歯車マークをクリックし日本語を選択すると字幕が表示されます。

電磁波公害 ケータイ放射線でDNAの二本鎖切断が証明されていた(米 上院公聴会)


米国では1998年5月に大がかりな電磁波被害研究として米国立がん研究所疫学調査(ハッチ論文)の報告が出されていて、ここでも電磁波被曝によって小児白血病の増加率が3倍以上になることが指摘されました。


2003.02.03、スウェーデンのルンド大学神経学科リーフ・サルフォード教授を代表とする研究チームが、携帯電話利用によって脳を有害物質から守るバリア構造に穴が開くとして、その研究論文が『環境衛生展望』(Environmental Health Perspectives)誌に掲載されました。


2003年6月に日本の国立環境研究所が出したデータによると、子供の寝室の電磁波を測定し比較した急性白血病の発生率は、磁界レベルで4mG以上は小児白血病が4.73倍に、また小児脳腫瘍は10.6倍になると指摘されています。


2008年07月23日、米ピッツバーグ大学がん研究所は携帯電話の長期にわたる頻繁な利用が、身体に有害な影響を与える可能性があるとの勧告を発表しました。 病理学者、がん専門医、公衆衛生専門家らから構成される国際的な委員会はこのほど、携帯電話の使用で発生する電磁場を、健康にリスクを与える可能性があるものとして考慮すべきとの見解を発表したのです。


2010年7月16日【7月16日 AFP】ローマ法王庁(バチカン)のラジオ放送、バチカン放送局(Vatican Radio)の電波塔が出す電磁波の影響で近隣住民の発がんリスクが高まっていることが、裁判所の命じた疫学調査により明らかになったと、イタリアのメディアが伝えました。

このバチカンの巨大電波塔はローマ(Rome)の約20キロ北、Cesano付近に設置されており、イタリア日刊紙スタンパ(La Stampa)によると、報告書では「バチカン放送局の建造物と、子どもの白血病とリンパ腫の発症リスクの間には、重要で明確な関連性がある」と結論づけ、さらに報告書では、電波塔から9キロメートルの圏内に10年以上暮らした住民は、がんで死亡する「重大なリスク」があると指摘したのです。

2001年にイタリア環境省が実施した調査でも、同地域の磁場の強さが許容値の6倍以上との結果が出されており、ラツィオ(Lazio)州当局もCesanoの子どもの白血病による死者数が、隣接する地域より3倍高いとの推計を発表しています。(c)AFP情報


2011.02.25、米国立衛生研究所(NIH)の神経科学者Nora Volkow氏が行なった今回の研究では、通話中(無音)の携帯電話を側頭部に当てた状態で脳をPETスキャンしたところ、周辺の脳組織のエネルギー消費が7%増大していたという研究結果が発表されました。

携帯の利用によって、血流中のトランスチレチンの量が増加するという研究結果等も紹介されています。『Journal of the American Medical Association』(JAMA)誌の2月23日号に掲載


2011年6月1日 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC、本部仏リヨン)は31日、電磁波とがん発症の因果関係調査結果として、携帯電話の頻繁な利用で脳腫瘍のリスクが高まる可能性があるとの見解を示した。

IARCは、携帯電話の長時間利用と脳にできる腫瘍である神経膠腫(こうしゅ)や聴神経腫瘍の因果関係について「何らかのリスクがある可能性があり、今後も注視が必要」と指摘した。


2016年5月30日、米政府研究機関が携帯電話が発生する放射能について利用者ががんリスクを高める可能性を指摘する研究結果を発表したと5月28日付米紙「ウォールストリート・ジャーナル」が伝えた。 同報道によると、米国国立衛生研究所に所属する研究機関の国家毒性プログラム(NTP)が行った同研究は2年間以上にわたり、これまでに2500万ドル(当時のレートで約27億5000万円)の資金を投じられていた。

NTPの研究員が実験では、1匹のマウスに対して、携帯電話から出る放射能を10分間浴びさせてから10分間休憩させる、休憩後にまた10分間放射能を浴びさせてから10分間休ませる、と繰り返して1日9時間の実験を行っていた。その結果、一部のオスのマウスには、脳神経膠芽腫と心臓神経鞘腫と2種類の腫瘍がみられた。NTPの副ディレクターであるジョーン・ブッチャー博士は「腫瘍が放射能と関係すると認識している」と示した。


2018年11月05日、アメリカの国立環境衛生科学研究所のNTP(米国国家毒性プログラム)の最終報告、心臓の腫瘍、マイクロ波と癌の関係は明白と結論


通常こうした研究の背景には多くの企業などからの資金援助があって行われることが多いわけで、結果的にはスポンサーの不利益になるような研究は嫌煙されがちなわけですから、それだけにこうした報告はきわめて重要なものと云えるのではないでしょうか?


マイクロ波攻撃防御

欧米の先進諸国では20世紀後半の90年代以降、それまで増え続けてきていたガンによる死亡者数が減り始めていますが、不思議なことに日本においてはますますガン患者の発生率が高まってきています。電磁波攻撃

現在のところ日本人の死因の第一位は「ガン」なのですが、いまの状況は二人に一人の割合でガンが発症し、三人に一人がガンで死亡しているのです。

それこそ日本ではガンは「身近な病気」として認識されつつあるのですが、こうした現象は食生活が欧米化しカロリーの高いメニューや肉食が広く好まれるようになったことなども指摘されていますが、はたしてこうした食生活という変化だけがその要因なのでしょうか?

多くの欧米先進国では同じように高齢化傾向が進んできているのですが、いずれも日本とは逆にがん患者が減少傾向にあるわけですから、日本のガン発生が年々増え続けていることに注目せざるを得ません。

世界最高水準ともいわれる医療システムが充実した日本でありながら、日本だけがこれほどまでにガン死が増加傾向にあるというのはどう考えても異常なのではないでしょうか?

ここで一つだけ気になることは、これまで日本は欧米先進国はと違って電磁波環境というものに社会全体がまったく無関心なまま放置状態にあったのではないかということです。

欧米先進国では電磁波汚染についてはすでに独自の厳しい規制が設けられていますが、これまでの日本国内では目に見える環境汚染に対しては敏感に反応してきたのに対して、こと電磁波に関しては何の危機感も持たれずに済まされてきたようにみえます。

これは一体どういうことなのでしょうか? 欧米での電磁波汚染や被害ということになると、まず挙げられるのは電磁波によるがんの発症であり小児の白血病への懸念でした。

まずこれが日本国内で問題視されることはほとんど無かったと云えるのではないでしょうか? たしかに1990年代頃から電磁波障害に関する新聞記事はときたま目にすることはありましたが、その後2000年代以降はほぼ消退していったように思います。

そこにはある種の情報規制があったのかメディアも電磁波の危険性を社会に衆知させることから一気に手を引いた感がありました。

結局の所、第二のアスベスト問題と云われる目に見えない電磁波によるいわゆる電磁波公害ともいうべき隠れた環境汚染が、欧米に比較して著しく軽視されてきたということになりそうです。

何故そうなてってしまうのでしょうか?

要は電磁波の危険性が指摘されることで、それこそ政治的且つ経済的には不都合すぎる問題として電磁波汚染が浮上してくる懸念があったのではないかということが考えられます。

翻って考えると、電磁波問題にはそれほどの不都合な真実が隠されているということかも知れないわけです。

現実に即して考えれば、いまや日本の国土全体には通信放送の夥しい電波(電磁波)が間断なく飛び交っていますし、地政学的には周囲を海洋に囲まれた島国として常に強力なレーダーの電波網に覆われているわけです。

現代人は百年前と比べて1億倍もの電磁波エネルギーを浴びているとさえ云われる状況下にあるわけです。

もはや人工的な電磁波エネルギーの恩恵なしには生活が成り立たない現実世界が厳然としてそこには存在しているわけで、われわれにしてみればもはやこれはどうにも避けようのない切羽詰まった状況なのだといえます。

人工的な電磁波の影響に関してはここ数十年間欧米では多くの医科学者からはその潜在的な危険性が指摘されてきましたが、その一方ではそれを否定する報告も同時に出されてきたのです。

穿った見方をすれば、それこそ両者の鬩ぎ合いの歴史であったともいえるわけで、いまもなお白黒の決着の付かない状況に置かれていると云うことに他なりません。

それは人工の電磁波エネルギーが人体の細胞分裂レベルで悪影響を与え、がんの発生やがん細胞の増殖を促すという研究が欧米で報告されたことが発端でした。

そこで何らかの危険性が指摘されているのであれば,見過ごして通れるはずもありませんし、まず人の健康にかかわる問題であるだけに早急に対処検討されるすべきなのです。

その悠長さ、先送りの状況が日本の電磁波環境を著しく悪化させている元凶なのではないでしょうか?

いわゆる全体から見れば少数派に過ぎない電磁波過敏症を訴える人たちの存在をこのまま無視し続けていくことは可能なのでしょうが、それ以外の大多数の市民にも何らかの広範な身体的影響が及んでいるのだとするとこれは別問題なのではないでしょうか。

ある種の不都合な真実がこの狭い日本にも存在するということをわれわれはいずれ気付かされることになるのかもしれませんが、そのときはもはや遅すぎるという事になり得るのです。

それが我が国におけるがん死の増加であり、死因ととしてクローズアップされだしたこととリンクしてきたいうべきではないでしょうか。

ここから電磁波被曝が現代社会の環境問題として注目されだした理由なのですが、それは社会全体の問題であると同時に個人の健康にも深く関わってくる深刻な環境問題そのものなのです。

そうなりますと社会全体から見れば多少の犠牲があろうとも、いまの経済的基盤と好ましい体勢とを維持し続けるしか選択肢はないわけで、問題自体はそう簡単に解消できるようなものではないのだという結論になってきます。

そうなるとここから先は個人や各家庭単位で可能な自衛策・防衛策を執るしかありません。

そのような状況下では多くの国民がガンで健康を損なわれることでの経済的損失をこうむり、長期にわたって負担を強いられることを見落としてしまっているのです。


次世代の5Gネットワークは果たして安全なのか?!日本国内ではいまだに報道されにくい情報がある!

電磁波公害

電磁波健康被害原因不明の体の違和感。お薬を飲んでも解消されない不快感や不眠が続くとき
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
単なる妄想・錯覚だと決めつけたところで、その違和感は何ら解消されないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すぐ赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
友人、上司、市役所、消費者生活センターなどの公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてそれらの苦痛は解消されましたでしょうか?


心当たりのある方は、是非[電磁番AZ]を手に取ってみて下さい!!

電磁波攻撃自体は海外では決して珍しい事ではありません!
当初、錯覚・幻覚ではないかと思われていたものが脳損傷や中枢神経の損傷、認知症やうつ病状態に重症化!
2018年、電磁波攻撃で21人もの米国大使館員が入院状態になったのです!
ご存じですか、規制のないままにそうしたベトロニクス(軍用電子機器)に類似した電磁波発生機器も海外から次々と持ち込まれています!

電磁波不眠症 日本では、電磁波で攻撃すると云ってもそのような機器はないではないかと反論される方が少なからずおられます。
お気付きでしょうか?現状の日本では海外の軍事科学技術にまともに対抗すること自体難しいことなのです。
電磁波による軍事科学研究では後進国の日本にあって、正式な軍法と軍隊を持つ他国では軍事医科学のテクノロジーを使ったそうした機器類が現実に実践配備されつつあります。

日本に存在しなくてもそうした汎用技術や先進の汎用機器が日本国内に持ち込まれないという保証はまったくありません。
高出力のレーザーポインターを例に挙げるまでもなく、むしろそうした危機管理能力のない日本ほど悪意を持って使おうと思えばいかようにも使いまわし、巷にのさばることさえも可能なのです。
被害を被るのは無知な一般市民なのです。こんなバカな話しはないのではないでしょうか?

電磁波防御・中和を製品を開発し始めたきっかけは「電磁波過敏症」を解消し防御することでしたが、最近の傾向としてはより深刻な「電磁波攻撃」が現代社会に急速にはびこってきている状況に驚いています。
それだけ周囲の電磁波環境が悪化してきているのは確かですが、同時により強力な電磁波防御策が必要になってきております。
ここはあくまでも、自分の家族は自ら守るという自己防衛のスタンスが求められてきているのだと思われます。


電磁波中和装置

[電磁番AZ]が選ばれる理由1
電磁波中和装置[電磁番AZ]は東洋医学をベースとした長年の研究と新しい発想から開発された生体波動レベルの防御製品です。日本人の生活環境に対応した純国産の商品として、一個ずつ手作りによって丁寧に波動調整したもので、いわゆる大量生産品ではありません。実際の効果につきましては、ユーザー様より頂いた「お客様の声」のページをご覧ください。

電磁波攻撃

[電磁番AZ]が選ばれる理由2
[電磁番AZ]の機能目的は広範囲の電磁波ノイズはもとより無数に飛来してくる有害な電磁波を中和変換することで人体への悪影響を緩和解消します。
準静電界レベルの[電磁波過敏]の不快感を解消されたい方だけでなく、悪質なストーカー行為による[電磁波攻撃]にも最強の防御アイテムとして効果を発揮します。

電磁波過敏症

[電磁番AZ]が選ばれる理由3
[電磁番AZ]の使用法につきましては詳しいマニュアルを製品に添付いたしておりますので、多くの対処事例と実際の防御方法を参考にして頂くことができます。ご自宅の屋内外環境改善だけでなく車両電磁波防御、さらには職場環境や悪質な電磁波による嫌がらせ行為にも対応できます。メールによる[電磁番AZ]セット方法へのご質問・ご相談も随時お受けいたしております。

電磁波過敏症


[電磁番AZ]の効果について、まず最初にお伝えしたいこと

電磁波防止グッズ 当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばん」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。

いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。


ご家族やお知り合いに、電磁波過敏で困っておられる方はおられませんか?

電磁波ストレス 電磁波による身体的傷害(ハザード)について身近な問題として関心を持っておられる方も少なくないのではと存じます。
関心のレベルがどこにあれ、一方的に電磁波過敏の症状を否定し差別視することは論外であって、社会的にも容認されることではないと認識しております。

ここでは2、3の重要なポイントに的を絞って海外情報などを紹介していますが、もとよりこれらは国内でひろく社会問題として議論されていることではありません。
身近に健康被害があるとしても少数意見でしかありません。
しかも現状において電磁波障害はまったく存在しない、被害者も存在しないというのが権威ある学会や産業界を含めての社会一般の定説ということであれば、もとよりその科学的証明だけを声高に問うても解決のしようもないわけであります。
このあたりはタバコの健康被害やタバコ関連事業の背景と類似点があるようにもみえますが、喫煙のリスクに対して個人がどう健康管理するかはあくまでも自己責任の問題であるのと同様に、現状では個人レベルで電磁波被爆からいかに身を守るかの、いわゆる「自己防衛」がもっとも重要なことであろうと考えております。

よって各種団体組織や「高圧送電線電磁波問題」には当方はまったく関知いたしておりませんので、この点はご承知置きください。


電磁波攻撃[電磁番AZ]は一個で多用途の機能的防御が可能です!

準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、[電磁番AZ]はご利用者の皆様から高い評価を頂いております!

強力なWi-Fi(ワイファイ)ルーターの電波、携帯電話の電波、放送電波、送電線からの電磁波、家電製品からの目には見えない電磁波被曝の危険性があるとしたら!

いま注目されつつあるスマホ認知症の本当の原因とは何か?

さらに現代日本のストレス社会に持ち込まれている電磁波音波攻撃の脅威とはどうなのでしょうか?

電磁波防止グッズ


電磁波公害 ケータイの放射線が危険! ~モバイル機器の真実~


電磁波公害家庭に潜む電磁波の危険性(字幕)


電磁波公害コロナより恐ろしい5G電磁波の恐怖!ジャーナリスト船瀬俊介先生に学ぶ。「stop the 5G!」その危険性


Wi-Fiで壁の向こう側にいる人を透視する技術 2023年01月21日
世界初、磁場による脳刺激でサルを人工的に「うつ病」にすることに成功(東北大) 2022/08/20
同じ高校の卒業生約100人が同じタイプの脳腫瘍を発症…ニュージャージー州の地元当局が調査を開始 2022/4/27
カナダ東部で原因不明の脳疾患が広がる…記憶喪失、視覚障害、けいれんなどの症状 Andrea Michelson Feb. 04, 2022, 07:30 AM NEWS
防衛省、「高出力マイクロ波」兵器を開発へ…軍用ドローンを無力化 2022/2/5
米外交官らに謎の頭痛、電磁波など原因か 「ハバナ症候群」で報告書 2022/2/3
米外交官4人、欧州で「ハヴァナ症候群」に=米報道 2022/1/14
米、「ハバナ症候群」の原因追究に本腰 外交官らに謎の健康被害 2021/11/6
米大使館員、コロンビアでも健康被害 「ハバナ症候群」毎日新聞 2021/10/13
米政府を悩ませる怪現象「ハバナ症候群」、ドイツ警察が捜査中 2021/10/11
インドを訪問したCIA長官の随行団員、ハバナ症候群の症状訴え 2021/9/22
<W解説>米国ハリス副大統領のアジア訪問に「ハバナ症候群」攻撃か?=2016年以降、原因不明の脳損傷 2021/8/25
謎の頭痛と吐き気…「ハバナ症候群」がドイツで発生、高周波兵器による攻撃説も 2021/8/24
米国を追い詰める「悪魔の兵器」マイクロ波攻撃の恐ろしすぎる威力(「FRIDAY」2021年6月11日号)
謎の脳損傷、米外交官ら130人以上 欧州、アジアでも確認 NYタイムズ 2021/5/13
米外交官襲った「見えない攻撃」、ホワイトハウス付近でも発生か 連邦当局が捜査 2021/4/30
中国人民解放軍、「マイクロ波兵器」すでに実用化か 2021/2/24
15分でインド軍全員が嘔吐…銃撃せず勝利した中国の秘密兵器 2020/11/17
中国がインドとの国境紛争でマイクロ波(極超短波)攻撃をしたと、香港明報と米華字メディア多維が16日、中国人民大国際関係学院副院長の金燦栄教授の言葉を引用して一斉に報じた。

電磁波公害「山頂は電子レンジ」中国軍が印軍にマイクロ波攻撃(2020年11月17日)


日航機にレーザー照射か、成田 昨年11月、着陸前 2020/10/3


尻ポケットにスマホで「精子が死ぬ」という衝撃研究 2019/11/13
「ラットにスマホから発信される電磁波を長時間あてると、精巣そのものにも損傷を受けることが分かったのです」


電磁波ストレス 200m離れた人の心拍で生体認証する技術、米国防総省が開発中 2019/7/1


米国では人体に悪影響との調査結果が…「5G」は安全なのか?
次世代通信技術として世界の注目を集める5Gだが、その基地局や通信衛星から放出される電磁波の健康への懸念は払拭されないままだ。日本では総務省が普及を後押ししているが、世界的には賛否両論がかまびすしい。 2019/6/3

「5Gは健康に害」科学者235人が本気警告! がん、遺伝子、生殖器、神経損壊… 人間の毛穴が“アンテナ”になる結果も! 2019.06.01.


中国の音響兵器で米外交官攻撃 ビル・ガーツ  2019/3/24
中国、キューバの米外交官に異変…脳を襲う「マイクロ波」攻撃の恐怖
衝撃のニュースは、米紙ニューヨーク・タイムズなどが報じた。同紙は1日、外交官の脳損傷について「マイクロ波が原因と思われる」という、ペンシルベニア大学・脳損傷治療センターのダグラス・スミス所長の見解を報じた。米紙報道 2018/9/12

在中国の米政府職員、「異常な」音聞き脳損傷 大使館が注意呼びかけ 【AFP=時事】在中国の米国大使館は23日、中国に駐在する米政府職員1人が「異常な」音を聞いて軽度の外傷性脳損傷(MTBI)を受けたとして、健康状態について注意するよう呼び掛けた。2018/5/23


キューバで音響攻撃を受けたとする米外交官ら、「捉えどころのない」脳内損傷か? 2018年2月16日 18:57 発信地:マイアミ/米国 [ 北米, 米国 ]
21人のうちの18人が「自宅やホテルの部屋内で、聴いたこともない、局所的な音が発症時に聞こえた」と報告している。その音は「指向性があり、極度に大きく、単音で持続的な音調」と説明されており、患者の大半はその音を高音だったとしているが、2人だけは低音だったとしている。


悪質で執拗な電磁波攻撃からどのように電磁番AZで防御するのか!

電磁波防止グッズ嫌がらせ・悪意のある電磁波攻撃に防御対策はあるのか?
目に見えない電磁波攻撃によってどのような被害症状が出るのか?
なぜ電磁波攻撃は何故に取り締まれないのか?
泣き寝入りではなく、やはり自衛していくしか最善の対応策はないのです!
これって、電磁波過敏の症状なの、錯覚じゃないの!?
増え続けるハイテク被害対策の最善策は、まず自衛することです!
電磁波は眼に捉えられない波動エネルギーそのものだから怖いのです!

有害電磁波ガード現代のストレス社会は隠れた嫌がらせ被害にあうことがあります。
複雑な人間関係には感情的な理由だけではなく、取引上の利害関係や宗教信条による対立、近隣トラブルなどイジメ・嫌がらせ行為が少なくありません。

最近のニュース報道にみられるように、外交現場でも電磁波・音波機器が悪用されることがあるのです。 (米国大使館電磁波被曝事件
電磁波や音波を放射する機材そのものは、誰もが容易に入手出来る時代です。
気付かずに被曝してしまう外部からの陰湿な電磁波攻撃・住居立ち退き目的の嫌がらせ・悪質なストーカー被害の苦痛から開放される最強の自衛グッズ[電磁番AZ]があります!!

特別なこともないのに、急に不快な頭痛やもやもや感、肩凝り、首のこわばり、引きつるような筋肉の痛み、手のしびれ、皮膚のぞわぞわ感、まぶたの腫れ、目の疲れ、耳鳴り、さらには不眠症に悩まされたりしてはいませんか?
度々口の中で金属の味がしたり、唾液が泡立つたりする不快な症状の隠れた原因をご存知ですか?
屋外からの電磁波ノイズにいくら被曝していても目にはまったく見えないのです!大抵は気のせいだと思い込んでしまいます。
電磁波過敏そのものに伴う不快な症状そのものは、薬では改善することはできません!
電磁波の悪影響が持続的に続くと、身体の健康を維持する働きを調節する自律神経までが不安定になってしまうことがあります。自律神経が乱されることで、いろいろな不快感や症状が身体反応として現れてきます。

欧米では音波や光といった領域の感覚過敏症についての社会的認識度は広がっていますが、日本ではほとんど無視された状態に置かれています。電磁波過敏症の実態についても、いわれのない誹謗や中傷があるのも事実です。


電磁波過敏(Electrical Hypersensitivity)として認識されているもの

電磁波遮断目が痛い、目の奥がうずく感じがする、目がすぐ赤くなる、まぶたが腫れる
電磁波防止グッズ 皮膚が乾燥して赤くなる、顔面に湿疹が出る・ピリピリ、チクチクした不快感がある、顔がほてって熱く感じる、発汗がひどい
電磁波カット不眠症やうつ症状があるが、薬を飲んでも改善しない
マイクロ波攻撃鼻づまりや鼻水が続く、口内炎や歯周病が完治しない、口腔内がメタリックな味がする
電磁波グッズ 粘膜の乾燥、異常な喉の渇きがある、呼吸困難、動悸ある、くちびるや手が震える
電磁波中和頭痛、めまい、耳鳴り、気を失いそうな感覚、吐き気がある
電磁波対策物忘れや鬱症状、身体の疲れ、集中力の欠如やイライラ感がある
電磁波とガン 首筋や肩のこり、腕の筋肉や関節の痛みが治らない、腕や足のしびれが出る
電磁波シールド医療機関で詳しく検査してもらっても異常は見つからない

電磁波ノイズの危険性を外部に訴えただけでは、本当の意味では解決はしません。
電磁波被害にあっていてもその因果関係を証拠立てるということは、電磁波環境下で生活している現代の様相からみてもまず不可能なことです。
もっとも現実的な対応策は、唯一具体的な防御であり自衛防御なのです。

ここで注目して頂きたいことは、電磁波攻撃による被害の方が身体に受けるダメージがさらに大きくなるということなのです。
電磁波過敏(Electrical Hypersensitivity)と違って、集中的な電磁波攻撃による被曝によって発現するストレス症状はより深刻な場合が少なくありません。
このような状態が続く方の場合は、対策マニュアルに従って防御レベルをさらに強化して頂く必要があります!

特徴的な電磁波攻撃によるストレス反応

・電磁波による攻撃が酷く、集中的に後頭部の脳幹周辺と首の左右に電磁波による痛みを感じる。めまい・吐き気を伴う。医療機関で検査して貰っても身体に異状は無く、しかも薬物も効かない。
電磁波 健康被害 ・特定の時間帯に、外部から振動音や超音波のような音がしつこく聞こえてくる。
・頭の中で人の声が聞こえてくる。あるいはフラッシュ現象、光や映像が見える。電磁波に声や光が載せられている感じがする。
・自宅から移動しても電磁波による不快感がどこまでも執拗に追ってくるように感じる。
・外部から常に監視されている、あるいは室内の様子をモニターされている感覚がある。外出時も同様に感じる。
・耳あたりから頭を何かがはっているようなもぞもぞ感、あるいは痒みを感じる。
・こうした不可解な状態が続くことで、次第に言いようのない不安感や恐怖感に襲われる場合がある。家族や友人に話しても理解して貰えないし、追い詰められてた苦しい状況であっても対処法がないと諦めた気持ちになって鬱な気分になる。

参考文献「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論: 東洋医学史 Kindle版」紹介:

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論: 東洋医学史 Kindle版」


電磁波被曝による脳腫瘍の危険性・電磁波攻撃の実態を追求する!
思考を読み取る脳ハッキングの研究・脳波はコントロールできるのか?!

電磁波ストレス 電磁波公害電磁波、電界、BMI、BCI、それに類似する全ての技術の危険性


Brainwave that is a new authentication method will make password unnecessary 「念ずれば開く」金沢工業大、脳波認証で98%の認証精度を達成 2018/9/5


A new approach for practical application of brain-machine interface 「脳波で操作」実用化へ前進、100ミリ秒以内に運動意図を予測 2018/8/17


中国、ついに殺人レーザー光線銃の開発に成功。撃たれた皮膚は瞬時に炭化!銃は無音で光線は不可視。 2018/7/4


米国では、なぜ自殺率が増え続けているのか*米国の自殺者30%増加 著名人も相次ぎ… デザイナーに続き人気シェフも*10~14歳女性の自殺数は30年で3倍に 2018/6/9


脳腫瘍の罹患率が2倍強に、携帯電話との関係は? 英研究報告 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6285590
(CNN) 英イングランドで進行性の悪性脳腫瘍(のうしゅよう)にかかる人の割合が過去20年で倍以上に増えたという調査結果が、2日の学術誌に発表された。原因は解明されていないものの、研究チームは携帯電話が関係する可能性にも言及している。


2017/8/11(金) 朝日新聞デジタル
在キューバ外交官、謎の「症状」相次ぐ 音波攻撃か
キューバ首都ハバナの米国大使館=2016年11月、平山亜理撮影 在キューバの米国とカナダの外交官やその家族に、耳が聞こえなくなるなど原因 不明の症状が出ていることがわかった。米連邦捜査局(FBI)などの捜査では、 音波などを使った高性能な機器で攻撃された可能性があるという。


2017.02.03 FRI 08:00
個人の思考を読み取る「脳ハッキング」に成功:米大学実験 ごく短い時間だけ表示されるサブリミナル画像への脳神経反応を調べることで、個人の宗教的信念や政治的傾向などを調べることができるという実験結果が発表された。
ワシントン大学の研究者、タマラ・ボナチは1月31日(米国時間)、セキュリティーカンファレンス「Enigma」で、ある実験について説明した。単純なヴィデオゲームを利用して、一定のテンポで表示されるサブリミナル画像への神経反応を収集できる方法を示したものだ。
TEXT BY DAN GOODIN TRANSLATION BY MINORI YAGURA/GALILEO ARS TECHNICA (US)


ケータイ・スマホ使用や基地局近くの学校通いで、子どもの認知機能悪化の研究増加――2020年5Gスタートで電磁波ばく露リスク急増へ 12/02 2019


電磁波公害電磁波によるマインドコントロールについて
2012年9月にデンマークにてオープン・マインド・カンファレンスという、環境や健­康や政治などの幅広いテーマについて議論する国際会議が開催された時のDr.Henn­ing Witteによるインタビュー動画


妊娠中の母親の電磁波ばく露で子どもの肥満・ぜん息リスク上昇、米の13年間追跡研究で 08/04 2012


IH調理器「近くで使うときは出力を下げて」スイス政府勧告 04/05 2012


WiFi電磁波も精子に悪影響 ラップトップPCはひざに乗せるな 03/13 2012


海外情報・電磁波攻撃が何故いま注目されているのか?

電磁波攻撃って、なに?

電磁波攻撃 いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前日本でも殺人光線兵器の開発が密かに試みられていました。

実際はニワトリが殺傷できる程度の威力しかなく当時の技術力では兵器の完成までには至らなかったのですが、初歩的な原理は電子レンジに似たような発想だったようです。

その存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の体調不良が続いたことで調査されて発覚したといいます。

これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」(「テレパシー光線銃」)

「新しいタイプの人権侵害と暴力」Finland首席医務官Kilde医学博士の論文
Microchip Implants, Mind Control, and Cybernetics

【電磁波の種類】

[低周波 → → → → → → → → → → → → → 高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 
可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・ 電波」・・← →・・「光」・・ ←  → ・・「放射線」・・←]

光や電波、音波、放射線は物理学でいえばすべて電磁波であって、電磁場を伝わる波動の振動数によっては放射線のように生命を脅かすような高エネルギーの電磁波も存在することになります。

しかもその電磁波の種類によっては目に見えませんから、たとえ被曝してもまったく被害者も気付かないわけです。

医療用に使われるマイクロウェーブ治療器などですと、体の深部まで電磁波が浸透して細胞が振動するのである種の温かみを感じます。

調理に使われる電子レンジは高出力で食品を短時間で温めることが可能ですし、温めるということでは原理は同じです。

人体内や食品などに含まれている水分子が、電磁波照射されることによって激しく振動し熱が発生するというものです。

現在では工業用のレーザー加工機や医療用のレーザー、さらに欧米ではすでにベトロニクス(軍用電子機器)といわれる本格的なレーザー兵器などが開発されていますが、これらは物理的に光(電磁波エネルギー)を増幅し収束させて周波数を一定に保ちながら指向性を高めたものです。

これらはある程度振動エネルギーが高い波動が使われているのですが、一般には同じ原理でレーザーポインターなどが市販されています。

商品としては安全基準に適応した物が売られているのですが、それでも使用する際にはいくつかの注意点が挙げられています。

電磁波と高周波 それには、
・レーザーポインターを人体に向けては照射しないこと。
・本来の目的外の用途では使用しないこと。
・鏡やガラス等の正反射するものに向けて照射しないこと。
・レーザー光線は直接目に入ると網膜に障害を起こす危険性があるので、レーザー光線を絶対に直視したりのぞいたりしないこと。
・レーザー光線は性質上かなり遠くまで光の出力が減衰せずに直進し到達するので屋外では使用しないこと。
・レーザー光線が目に入った場合は、直ちに専門医の診察を受けること。
・レーザーポインターを子どもに使わせないこと。

といった項目があります。

ご存知のようにレーザーポインターの光線はとても指向性の強い光線です。

最近ニュースにもなりましたが、はるか上空を飛行する航空機のパロットの目にまで届くような指向性があるのです。

低出力のレーザーポインターでさえも使い方によっては、人体の感覚器である目に障害を与える危険性があるということなのです。


「参考資料」電磁波照射はどのように行われるのか?

電磁波の危険性

違法レーザーポインター販売容疑、10業者摘発
国の安全基準を超える出力のレーザーポインターをインターネットで販売したとして、大阪や京都、栃木など7府県警が今月、計10業者を消費生活用製品安全法違反容疑で一斉摘発し、うち4業者の4人を逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。(読売新聞2016.07.30)http://news.yahoo.co.jp/pickup/6209389
・中国人留学生、米旅客機にレーザーポインター照射して逮捕される―米華字紙 http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409654/
・航空機にレーザー照射、19歳少年に有罪判決 米裁判所 http://www.cnn.co.jp/usa/35029986.html
・路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕 「ベランダから道に発射した」大阪府警 http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250086-n1.html

同じように強烈な音(電磁波)は人体の感覚器である耳の聴覚を傷めることがあります。

皮膚も熱線・赤外線(電磁波)や紫外線(電磁波)が強く働くと火傷や水泡が出来てしまいます。

つまり光線や音波という電磁波は、人体の感受性のある器官、受容器に対して度を超すと悪い影響を与える物理的エネルギーなのです。

現段階ではこうした物理的な電磁波が、人体のもっとも敏感な感覚受容体である目や耳、皮膚などに影響するということなのですが、それ以上の身体的精神的に影響はないといえるのかどうかまでは軍事医科学分野の情報に関わるだけに、欧米諸国とは事情が異なる背景もあって日本国内ではその詳細は分かりません。

そうした状況を考えれば、少なくとも国内の政府機関や医療機関でもそうした電磁波関連の情報の共有はありえないということになります。

音や光という物理的波動は人体の感覚器官でそれぞれ感知できるわけですが、実はこうした電磁波により過敏に反応する人が少なからずおられます。

その場合も強い電磁波エネルギーがあるから、そこによりはっきりした身体的悪影響が出現しているのだとは一概にはいえないのです。

たとえば実例を上げますと、人によっては蛍光灯の真下だと気分が悪くなるとか、ヒゲ剃り機器を使うと調子が悪いとか、あるいは自動ドアの傍に近づくだけで体がビリビリすると訴えてくる方がおられます。

ここらの反応には個人差、個体差というものがあります。 こうした場合一般には電磁波過敏の症状だといわれていますが、意外なことにこれは正式な病名ではありません。

電磁波過敏の症状とは、医学事典にも一切記述がない仮の傷病名に過ぎません。 医療機関に行っても電磁波過敏の症状ということでは保険治療も一切受けられませんし、それに対応するような治療法や薬物とて一切ありません。

電磁波過敏の症状は日本では医科学的な情報はまったく整備されてはいませんし、社会一般には認知されてもいないのです。

ですので、ここで電磁波攻撃といっても一般社会ではまったく認知されておらず、たとえそのような事態が出来していたとしても現状では加害者が摘発されたり処罰されたといった展開にはならないと思われます。

しかも現代社会では大量の電磁波が充満していますから、仮にそうした嫌がらせの手段がとられたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能ということになります。

さらにいえば、一般論として今現在電磁波による身体への障害が認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。

しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器などもネット上には多くの情報として存在しています。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせストーカー攻撃を想定したり機器類を使用したりということは当然考えられるわけで、まったく無関心ではいられないことになります。

動物が嫌がる超音波(電磁波)を照射して、野良猫やネズミ、ハトを寄せ付けない専用機器も市販されている時代です。

コンビニ店舗前にたむろする若者だけに感じられる高音域の波動を照射して、その場から忌避させる方法もとられています。

人間とて生体に不快感を覚える波動域の電磁波に敏感に反応するのは当然のことではないでしょうか。

実際にネット上で「電磁波攻撃、嫌がらせ」で検索すれば多くの関連情報が出てきます。

ここでいえることは、出来るだけ不必要な電磁波は身体に被曝しなようにして、電磁波環境を出来るだけ少なくする生活環境を造ることが重要だといえます。

それが個人レベルで出来る防御策であり、最良の自衛策だと思います。

すでに欧米や中国では暴徒を鎮圧する目的で、非殺傷レベルの電磁波が使われようとしています。

暴徒をその場から速やかに退去させることのできる米軍の新しい非殺傷兵器「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」などがすでに登場してきています。

有効射程距離1キロの電磁波照射システムを標的に向かって作動させるもので、照射された暴徒は耐え難い「熱感」を全身に感じることになります。

電磁波公害 「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」


このように電磁波照射だけで暴徒は簡単に制圧できるのです。

そもそも電磁波で攻撃する、されるという状況は軍事医科学分野の情報によるものであって、平和な日本ではどこまでも考え及ばない想定外の事態ということなのです。



[電磁番AZ]は、どんな場合に活用できるのか?

電磁波防止グッズ

「電磁波攻撃中和装置電磁番AZ」は、1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。

外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。

でもすごい防御機能を秘めています。

[電磁番AZ]は電磁波過敏の症状の不安のある方、すでに過敏や不眠で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております)


電磁波被曝の体験談につきましては、 「電磁波攻撃中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声 を参照ください。

これ以外にも苦痛を伴う電磁波障害の症状自体は多種多様ありますが、効果的な対処法は電磁番AZによる防御法を検討されることです。

当初より電磁波過敏の症状の不安のある方、すでに過敏で苦痛や障害のある方にご利用いただくことを主対象といたしております。

電磁波過敏の症状が発現していないいわゆる健常者の方には、本器具による直接の効果は何ら自覚いただけないと存じます。電磁波エネルギー対策

ちょうどメガネなどの補助具が日常の生活にどうしても必要な場合とそうでない場合とがあるのと同様です。
本体が光ったり、振動したりして警報を発するものでもありませんので、何の情報もなく手にされただけでは、いわゆる(なんじゃ、こりゃ?)ということになります。(ただし電磁波被曝防止効果ということでは、 健常者にもそのまま健康器具としてご利用いただけます)

これまでにも、当方の電磁番AZをご使用いただき電磁波の悪影響から開放された事例が実際に幾例もあります。
当初は半信半疑でお使いになった結果、いままでの日常的な不快感から開放されたとして大変喜ばれております。

できましたら始めに1個だけ購入していただき、電磁番AZの実際の防御効果を確認して十分に納得いただく手順をお勧めいたします。

電磁番AZはすべて手造り製品で通常の装飾品や量産品ではありませんので、一般には市販はされていません。
少数の、それも必要とされる方だけに使っていただければというポリシーのこだわりの製品です。
炭素成分を多く含んだ黒いゴム面で被覆しており決して見栄えのよい外観ではありませが、機能構造上のどうしても換えがたくありますのでこの点は何卒ご了承ください。
また手作りの製品ということで在庫が少なく、一度にたくさんのご注文には対応できない場合があります。

電磁波遮断電磁番AZは過敏で困っておられる方を対象といたしております。
電磁波防止グッズ電磁番AZは、大量生産品ではありません。
すべて1個づつ、丁寧に手造りした東洋医学の準静電界に対する考え方から生まれたオリジナル製品です。
電磁波 防御対策電磁番AZは、治療器具ではありません。電磁波被曝対策製品です。


電磁波防止グッズ電磁番AZ使用時の注意事項
★「電磁波攻撃中和装置電磁番AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップや電気店の盗難防止システムのセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し有害電波の波形を変換してしまいます。
電磁波防止グッズ
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合があります。
店内持ち込みによる警報機誤作動トラブルには十分ご注意下さい。

マイクロ波攻撃防御

マイクロ波攻撃防御

マイクロ波攻撃防御


リンク・栄養補助サプリコメント

電磁波測定器 電磁波測定器

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

最新情報&更新情報

参考文献
keiraku21 9784867421956_1_2

電磁波海外情報

店長ブログ

TK WORLD BASE SHOP
tk.worldshpp

ページトップに戻る



Copyright (C) 2024 KANEMASA All Rights Reserved. design by tempnate
inserted by FC2 system